平年、青森の夏は、熱くて、暑くて、短いのです。

青森と言えば東北だし、地元で雪国。あとはりんごをイメージするやつが過半数なのかな?
でも青森の夏は暑いし、熱い。
温度は普通に30度を超える日光が多いし、関東と特に貫くんじゃないかというくらい。
そして、お催しが年々熱い。
あちこちで開催されるねぶた催し(郷里によっては「ねぷた」と叫ぶ一品もあるし、別個特徴がある)は、青森やつにとっては世代に一度、最高気分も混ざるし、ねぶたを製作するやつや太鼓を叩いたり、跳人(はね)と呼ばれる人たちは、春になることには予約にとりかかる。
ぼくは、こういうねぶた催しが好みです。みんなが一丸となって受け取るねぶた催しは見ていてすさまじさがあるし、楽しい。
ツーリストも、外人も、地元のやつも、自身楽しめる。
「やってニッチ」「らっせ達ー」「やーやどー」と掛け声もその郷里によって違う。
今年もこういうねぶた催しの時間になった。
夕方になると、跳人の人たちがねぶた催しの開始地点まで鈴の動画を鳴らしながらあるく見かけを見極める。
普段は津軽弁しか飛び交わないのに、アベレージ語や効いたことがない方言も耳に加わる。
青森が異教養の世界中になったような、不思議なインプレッション。
青森の夏は、暑くて、熱くて、少ない。
いかにもねぶた催しが終わると、ぱっぱとお盆が過ぎて、秋風が吹き、スノーが落ちる。
ぼくは、青森の夏季が好みです。キレイモ 料金

篩いに掛けられた末日の不穏なアイコンタクト

 本気で独り立ちに対する欲求を持て。
 本心で、ボクは自己を力づけるように言い聞かせた。
「入門希望者は……お、一丸男子ですね」
 夫人次女は何となく忽然と姿を消していた。去るやつは追わないを業者で出向くN・Mの字に反応するように、希望者陣は両人形相を見合わせる。
(なぞ私、アイツに目ぇ塗り付けられてるくさいけど)
 ボクはN・Tの促すユーザーに目をやると、S・Kが一直線にN・Tを睨み付けるように見ていた。S・Kはわたくしよりひと回り姿勢のいいN・Tを警戒しているようにも映る。
(お前にビビってるんだよ。これはスリルの裏返しだから、絡まれても絶対に戦略は流すなよ)
(分かってるよ。すでにそういうご時世じゃないから)
 本人はそう言うが、N・Tが喧嘩っ早いのは今も貫く。私の心中に一抹の当惑が流れる。
「基本的に男子は農作業に従事して買うことになります。日程は設けません。自分が必ずややりたい売り買いを見つけた時折遠慮なくボクに申し出て下さい」
 その後もN・Mは会心時間を掛けて、HPにも書かれていた道場の正義について詳細に説明していた。キレイモ 月額制

五輪を見たり細胞などについて勉強した

夜遅くに、五輪を見ていました。陸上をやっていたので見ていました。そして、ミュージックを聴いていました。韓国のミュージックを聴いていました。そして、細胞などについて授業をしました。きっと60兆個の細胞から至る私たちのカラダも、その誕生は受精卵という1個の細胞でした。その受精卵のもととなったのは精子と卵でした。精子と卵はどのようにしてできたのでしょうか。からだがとれる初期の段階で、始原生殖細胞(染色人体度数2n)が体内にでき、これが精巣に移動して精原細胞(2n)となり、人体細胞軽減で度数を付け足します。初期のステップは輩の事例、受精から3週ごろだ。精巣に移動するのは受精から5週ごろだ。これらは成長してゼロ後者精女細胞(2n)となり、減数軽減を行ない、二後者精女細胞(n)を経て4個の精細胞(n)ができます。これが別個変形して精子(n)となります。まさに精子を観察してみましょう。知らないことを知れて良かったです。

S・Kによる、K・Yのオーソドックスを完全解剖

 S・Kが口を解く。
「いや、必ず……付き自体は認めてるんすけどね。勿論、嫌いじゃないっすよ?」
 S・Kらしくも無く、しどろもどろな語勢だった。
「けど、寡黙で確実ってのは、対する傍としてはどうしてなんすかね」
 S・Kはさっさと、らしくないことを話した。
「そんな事ねーだろ。先いうべきことは言ってたろ」
「ん、それとはまた別の言明で。皆さんは設置だけどアイツの場合はなんか、こう『自分は何方ともクチ利かねえぞ』ってオーラが表に出てるっつーか。あ、自分裏手なんで。じゃ、また」
 S・Kは言いたいところだけ言い転ばすと更に耳を塞いで踵を返した。
「ゼッテー禁煙してする!フォー!」
 レシーバーから流れて生じる曲に合わせて、S・Kはリズミカルな足どりで反対方面のスタートへと貫くグレードを降りて行った。
「取り敢えず確実さなら、アイツも洋平に負けてないんだけどな……」
 N・Tは呆れ返ったようにつぶやくと、M・Tの元へ向かって走り抜けて言う。

暑いけれど負けずに河原の公園に行って遊んでみた

近くに河原がきれいに整備されているところがあります。川遊び出来るように浅瀬の所に置き石してあったり、僅か濃い所は滝みたいになっていたり、ビキニを着て十分に遊べます。
今日はテントを掛けるレッスンがしたかったのでまずは河原のとなりの公園でテントを張ってみました。実は来週キャンプに行くのですが、実は10カテゴリー振りだ。そのテントも10カテゴリーぶりに広げたのですが使えそうなので平安しました。しかし、張り方を全く覚えて無くて取扱説明書を見ながら、あーでもないこーでもないと灼熱の世頑張って張りました。大方、テントを張ってみて直感を思い起こしたのでテントを片付けて川遊びへ。
魚受け取り用の網と虫かごを保ち、児童はサンダルに履き替え海中へ入って海中にある動物見つけ出しを始めました。私も靴が濡れない程度の所に赴き、川を覗いてみます。浅い川なので海中がぐっすり見える。少々大きめの石を裏返してみると潜んでいた動物が慌てて逃げて行きます。タニシ、ムカデ、オタマジャクシ、アメンボなど各種海中動物が出てきます。それを見て児童は捕まえようとしてみたり、観察してみたり楽しそうだ。
通常何やら川遊びは出来ないので夏休みならではの事実でした。間近い位置なのでまた来たいなと思います。

複数の車に乗る事で気づかされたペダル位置の違い

最近まで仕事と私用で車を4台に渡って乗る事がありました。
ハイブリッド車にガソリン自動車,軽自動車にディーゼルのハイエースと様々で,エンジン起動やシフトの違いなどに一瞬戸惑う時もあり慎重に操作していました。そこでひとつ気がついた事があります。
それは全車ともオートマなのですが,アクセルとブレーキの位置が微妙に違うので踏み間違える可能性があるということです。
それでエンジンを掛ける前に必ずペダルに足をそれぞれ載せて確認するようにしていました。
それでぞっとした体験ですが,他の車のブレーキ感覚で軽自動車のペダルを踏むとアクセルだった事がありました。
エンジンを掛けた後だったら急発進ですよね。
世間でよく起きるペダルの踏み違い事故も他人事ではありません。
そんなに複数の車に乗る人はいないでしょうが,事故の要因のひとつかなと気づかされた事でした。
車が高性能になった現在では,操作が意外に難しいのかもしれませんね。昔のクラッチがついてエンストした車が懐かしくなりました。

本当に明日から夏場の風物詩、ハイスクール野球が開幕

明日の朝からやっと2016年夏場の高校生野球が始まります。夏場といえば高校生野球!という等昔から高校生野球が大好きです。何だか見ていて一生懸命に歌唱し後押しとのコネクションを感じて情熱をさせてもらっています。負けたらそこで終わってしまう1遊戯1遊戯が結構大切な遊戯なので歌唱してるプレーヤーだけでなくアルプスから応援しておる主役入り出来なかったプレーヤーらも一致団結していて一所懸命会話が涸れるくらいに支援を始まりから終わりまで頑張っています。こんな連中を見ているといやに盛況や胆力をもらえる気がして、自分に全然関係のない県の筆頭校などでも何だか応援したくなったり、こふるってたまに力が入ってしまう。まったくハイスクールなので最後の最後まで何が起こるか思い付かからこそ最初から最後までわくわくわくわくさせられますがミステリアスが起きると全然鳥肌が立って1奴で飛び跳ねたりして大潤いしてしまいます。いかなる状況になっても最後まで諦めない連中は、ほんとにファッショナブルと思います。