加減を知らない旦那の食べ方に不満でイライラ

今日、息子の要望で、家族皆で回転寿司に行きました。
ただ恥ずかしながら、たまたま最近出費が多くて余裕はなかったので、控えめにしようと私は思っていました。
ところが、旦那は全くお構い無しにガツガツ食べ始めたのです。
もちろん、旦那も家計の苦しさは知っています。
しかし、ドンドンと皿は積み上がっていきました。
仕方がないので、私は、子供と分けたものも含め、五皿のみで終了しました。
そんな私を見て旦那は、「もういいの?食べないの?」と平然と聞いてきたのです。
あまりの皿の積み上げ具合に、「こんなに皿が積み上がっていたら、お会計気になって、こんなもんになるよ」と少し嫌味を言いました。
それでも旦那は、「そうだよね…」とシュンとした直後、更に食べ進めたのです。
挙げ句、「食い過ぎた」と腹痛をとこし、夕御飯も食べませんでした。
これ程までに食べられなくなるならば、昼のお寿司を控えてほしかったです。
そうすれば、その分、私がもう少し気兼ねなく食べられたのにと思いました。
ちなみに、私がそこまで気を使って、お会計は手持ちギリギリでした。
あまりの気遣いの無さに呆れてしまいました。

私は木曽路の株式を保有していますので株主優待がもらえます

私は木曽路の株式を保有していますのでこの会社から株主優待をもらい続けています。
それと今年はめずらしく妻が一般信用の株主クロスを使って木曽路の優待を確保しましたので、株主優待券は例年よりも多くもっています。
私はかつて妻に「日本の株は安いから買え。」といいました。そのために私は妻を納得させるだけの資料を用意して妻を説得したのですが妻は「あなたの言っていることは確かに確率的には正しいかもしれないけどそれだけだからヤダ。もっと蓋然性が高く安全なものがいい。」と言われてしまいました。
ですから、この株式の購入代金は私が株式売買で得た利益で株式を購入しているのです。
木曽路はチェーン店のなかではわりと高級な感じお店ですので、このお店を利用する人の年齢層は高めです。
ですから、このお店はコストパフォーマンスを考えるといいとは言い切れません。しかし、お店の落ち着いた雰囲気が私は好きなので、家族で食事に行くこともあります。