人のふりを見て、我がふりを直せとはよく言ったものだ

自分のことを棚に上げて、人には指摘ばかりする人っていますよね。そして、そういう人に限って古い根性論を持ち出してくるものです。私の勤め先の上司もそんな感じの人間です。人手不足の昨今。まあ、仕事というものは終わりません。しかし、上司曰く、どうやら要領とやらが悪いそうなのです。ここで本当に出来る上司は、その要領を伝えてくれます。そして、それが回り回って効率を良くし生産性に繋がるのです。しかし、私の上司はそれをしません。しないのではなく、恐らく出来ないのでしょう。なぜなら彼自身、要領が悪く、わからないのです。私もその仕事ぶりを見ています。でも、そんなに時間かかりますか?というような作業も彼は終わらせることができません。やっても、やったまま。誰がその放置しているのを片付けるのでしょうか?でも人には言えのです。前にも言いましたね。人手不足です。無理なものは無理な時もあります。手は二本しかないのですから。そういう時も上司は根性だ、やる気だと言います。根性があっても無理なものは無理です。でも、そんな反面教師が近くにいるからこそ、自分は気をつけようと思えるのです。人は人を見ています。人のふり見て我がふり直せとはよく言ったもので、彼がいるから私はそんな風になりたくないと強く思えるのです。