秋の時期に旬を迎える洋梨を食べましょう。

貴方は秋の時期に旬を迎える洋梨をご存知でしょうか。

西洋梨の旬は、9月頃~1月頃にかけて多く出回っていて、11月頃が最も多く出荷の最盛期です。日本での洋梨の産地は、山形県や秋田県・長野県などがあります。

また、洋梨の大きな特徴と言えるのが、見た目がゴツゴツとした形状でしょう。

日本梨(和梨)が丸い球のような形状をしているのに対して、洋梨は上の部分が細くなっていて、下の部分が太くなっているのです。

洋梨は熟してきたものを早めに収穫してから一定期間保存をして、じっくりと成熟させたほうが、より美味しく食べることが出来ます。

このようなことは、追熟と呼ばれています。

洋梨の表面にキズがなく、果実の一部分が軟らか過ぎていないものを選ぶと良いでしょう。

洋梨はデコボコした形状なので、皮を剥くのが大変ですね。

そんな時に役立つのはピーラーです。ピーラーを使用することで、デコボコした形状でも簡単に剥けます。

また近年では、スーパーマーケットや、青果店でも数多くの洋梨が販売されています。

洋梨はりんごと同様切ったらすぐ変色しますので、レモン汁や塩水で少しの間抑えることはできます。新鮮の洋梨を味わいたらすぐに食べるのをお勧めします。ミュゼ 襟足脱毛